自然の力で暮らしをサポート。

内科医監修のもと生まれた業界初のCBDシロップ
CBD(カンナビジオール)は大麻植物由来の成分で、その天然の力がストレスを軽減し、痛みを和らげ、質の良い睡眠をサポートします。

近年日本でも注目を浴びているCBDオイルですが、海外では抗不安剤・抗炎症剤、てんかんやその他の疾患に対する治療薬としての効果が期待され使用されています。

 

CBD

内科医徹底監修

内科医的視点で、CBDオイルの効果やそれを利用するリスク及びメリットについて詳しく解説しようと思います。エンドカンナビノイドを改善することによって数多くの慢性疾患や炎症の症状を緩和でき、患者の健康状態を取り戻すことができるのではないかとCBDオイルの可能性を感じています。

CBDとは? - ヒトの生体には、大麻の成分に似た物質を作っている細胞がある-

CBDが生体に影響を与えるメカニズムを理解するためには、内因性カンナビノイドシステム(ECS)との相互作用を理解しましょう。セロトニンやアドレナリンなどの単語を一度は耳にしたことがあるでしょう。人間の脳は、外界からの情報を刺激として受け取り、細胞間で神経伝達物質のやりとりを行い、それらを情報として脳に送ります。これらの働きのおかげで、人間は身体を動かしたり思考を巡らせたりと様々な働きをすることができます。

よくあるご質問

FAQs

CBDオイルとはなんですか?

CBD(カンナビジオール)は、植物の麻から抽出できる物質の名称です。世界各国でCBDに関する様々な研究が行われており、CBDの使い方や効能・製品タイプは様々です。

CBDを液体状のオイルにしたものがCBDオイルと呼ばれています。

CANADYのCBDオイルは、甘くて美味しいカナダ産メープルシロップをたっぷり配合しており、苦みを感じにくい製品となっております。メープルシロップのようなその味と見た目からCBDシロップと名称しました。

なぜ注目されているのですか?

様々な研究結果によって、 医療用CBDやサプリメントとしての有用性が報告されているからと考えられます。

CBDのリラックス効果・食欲の調整・痛みの緩和などが近年注目され話題となっています。

CBDが敬遠されているのは何故ですか?

CBDが敬遠されているとされる一つの理由は、同じ植物(麻)から精神活性化作用を持つTHCという物質が摘出でき、THC大麻取締法で厳しく規制されているため、CBDも同様に危険な成分だと認識されているから、だと考えられます。

ただし、CBDに関してはWHOも日本の厚生労働省もその有用性を正式に公表しており禁止薬物指定から除外されております。

さらに、CANADYは、”業界初!内科医監修の安心して使用できるCBD製品の開発”を徹底しています。
CANADYのCBDシロップをどうぞお試しください。

詳しくはこちら→

厚生労働省のホームページ

厚生労働省が定めるCBDとTHCの違いと効果について

CBDは日本で規制されていますか?

厚生労働省より、成熟した大麻草の茎と種子から抽出されたCBD製品に関しては規制がされておりません。日本でも安心してご利用いただけます。

どういった使い方ができますか?

CBD製品にはさまざまな使い方・飲み方があります。

主には、不安やストレス軽減・炎症や関節の痛みの軽減・筋肉のリカバリー・てんかんの管理・吐き気の緩和などの目的で効果を期待できます。

CANADYのCBDシロップは、スプレータイプなのでシュッとお口にスプレーをするだけ。簡単に一定量を摂取できます。

色々な場面でCBDシロップを使用してみて、自分に合った使い方を見つけてくださいね。

All Products

内科医監修のCBDシロップ。ストレスフリーの毎日に

Customer Review

CBD30%10mlcustomer review

  • CBDの効能: 健康とリラックス

    CBDオイルを使用して見つけた

    新しいワタシ。

    ブログを読む 
  • ペット用CBD

    ペット用 CBDでワンちゃん・猫ちゃんの健康サポート。

    製品の選び方や注意点について

    ブログを読む 
  • 名称未設定のデザイン (4).png__PID:6cf73972-ac39-4c9a-94ac-20fa237d268c

    CBDオイルのコスパとは?

    たくさんありすぎてどれを選べばいいかわからない。最強コスパのCBDオイル。

    ブログを読む 
1 3

お知らせ

配送に関するお知らせを追加しました。

新商品を追加しました

ブログを更新しました

CANADYに関する全てのお問い合わせは、

お問い合わせフォームよりお願い致します。

クリニックへお電話を頂いてもこちらのフォームからのご連絡を推奨されますことをご理解ください。